UKey's Labo

イオンでの買い物でApple Payを使い倒したい

概要

地方住まいということで、コンビニ、一部の自動販売機でくらいしかApple Payを使う機会がなかったのですが、
イオンクレジットカードをApple Payに登録したことで、
イオンでの買い物は極力イオンクレジットカード(Apple Pay)でしたいと思い、
どこまで使えるのか調べました。

まだそんなに使えていないのですが、これから少しずつ増やしていけたらと思います。

ちなみに僕が持っているのは、iPhone SEでFeliCa非対応なので、Apple Payは使用できませんが、
Apple Watch Series3を持っているので、そちらでApple Payを利用しています。

ちなみに、現状、WAONカードはApple Walletには対応していないようです。

そもそもApple Payって

間違いを恐れずに云うならば、FeliCa対応のカードをiPhone(Apple Watch)にまとめているだけです。

FeliCaについては、ネット上にたくさん情報が上がっていますし、僕もそこまで詳しいわけではないので(汗)、
詳しくはご説明できませんしませんが、
ネット上の情報を丸写しすれば、「ソニーの非接触ICカード技術方式」です。

ですので、
どこの店舗でApple Payが使えるのかを確認する場合、
Apple Payでの支払いに対応している店舗ではなく、
FeliCaに対応している店舗かどうかが重要です。

Apple Payには主に、

が登録できますが、クレジットカードの場合は、
QUICPay、もしくはiDとして使用可能です。

Apple Walletに登録したクレジットカードがQUICPayなのか、iDなのかは、
Apple Walletで確認できるかと思います。

以下は僕のApple Watchの画面です。

IDEMITSUの方はQUICPay、イオンクレジットカードの方はiDのロゴが入ってるので、確認できます。

ちなみに。   僕は他にも、「楽天カード」、「Oricoカード」をApple Walletに登録していますが、どちらもQUICPayでした。
僕が持っているカードの中でiDとして使えるのは、イオンクレジットカードのみです。

イオンでApple Payを使用するために登録しておくべきカードは

イオンクレジットカードがiD対応ということは、やはりイオン側としてもiDが店舗で使用できるように
対応しているだろうと思われますので、iDのクレジットカードは確実に登録しておいたほうが無難だと思います。

僕がApple Walletに登録してあるイオンクレジットカードは、カード利用でイオンシネマのチケットを購入すると、
いつも映画料金¥1,000になるらしいです。
まぁ、よく行くイオンに、イオンシネマ無くて、イオンシネマのあるイオンモールは車で片道1時間ほどかかる距離にあるので、
自分にとって魅力はあまり感じられないのですが。。。

iDがあれば事足りるかと思うのですが、QUICPaySuicaも登録しておけば死角はないでしょう。

イオンの自動販売機でApple Payを使う

さて、イオンの自動販売機によくあるこのFeliCa対応機器、見たことないでしょうか。

画像でも確認できるとおり、交通系電子マネー、使えます。
iDは使えないようなので、イオンクレジットカードは使えないのですが。

僕はSuicaをApple WatchのApple Payに登録してあるので、Suicaで今回は購入しました。

Suicaの登録方法はこちらに掲載してますが、カードのSuica登録方法ではなく、Suicaアプリからの登録方法となってます。

購入手順としては、以下で大丈夫かと。

  1. 購入するジュースのボタンを押します。
  2. 「はい」をタップ
  3. 初期表示はおそらく「WAONゴリヨウニナレマス」になっていると思うので、< >ボタンを押して「コウツウケイゴリヨウニナレマス」を表示させます。
  4. iPhone もしくは Apple Watchを上記機器に近づけて、購入完了。

です。

もし、< >ボタンを押しても、「WAON」以外が表示されなければ、残念ながらWAON以外は使えないので諦めましょう(泣)

ちなみにこちらのタイプのFeliCa対応機器が設置されていれば、Suica、iD両方使えるはずです。

同じようなタイプで、こちらの機器が設置されている場合もあります。

こちらの場合も、同様の手順で、

ジュースを選択 > < >ボタンでiDを選択 > Apple Watchをかざして完了です。

こちらでは、Suicaは使えず、iDが使用可能みたいですね。

専門店街でApple Payを使う

専門店街では、僕が見た限りでは、ほぼ全店舗でApple Pay(iD)を使用することができます。

僕がよく行くイオンで確認したところ、ほとんどの店舗にこの手の端末が置いてあります。

この端末、プラス

このロゴがレジにあれば、iDで支払いが可能です。

支払いの際に、iDで支払う旨を店員さんにお伝えすれば、対応してくれます。

上の端末の場合は、真ん中のほうにどの電子マネーを利用するか選択するボタンがあります。

WAONsugocaiDQUICPay等々、
4つほどボタンがあるかと思いますので、この場合はiDのボタンを押して、
画面部分にApple Watchをかざせば、支払い完了です。

フードコートでApple Payを使う

フードコートにも、大抵こちらの端末が置いてあるかと思います。

なので、使い方としては専門店街でApple Payを使うに記載している通りです。

スーパーマーケットでApple Payを使う

セルフレジです。

店員さんがいるレジではやったことないのでわかりません。すみません。

まずはポイント対象となるカードを読み込ませます。

ここが残念なのですが、Apple Watchのみで完結したいのに、
ポイント対象カードをセットする際に、どうしてもカードを財布から取り出さないといけません。

Pontaカードみたいに、自動で付与してくれればいいのに。。。

商品をレジに通して、お会計です。

Apple Payで使用できる、

交通系IC(Suica)、QUICPay、iDのいずれかを選びます。

Apple Payを準備して、画面に近づけて支払い完了です。

まとめ

以上、イオンではiDがあれば一通り買い物ができそうです。

当然、各店舗によっては使用できるFeliCaの種類に差が出るかと思いますが、
僕は今のところイオンでの支払いはiDオンリーです。

Apple Watchのみで支払いが済ませられて、財布を出さずに済むので楽なのですが、 控えのレシートは必ずもらうので、ポケットの中がレシートだらけになります(笑)

余談ですが。 心理として、現金を使用する場合は手元から現金が離れていく罪悪感があり、それが過剰な買い物欲を抑制してくれるらしいのですが、
眼の前から現金が消えていく実感のないカード払いは、罪悪感が希薄で、つい余計に買いすぎてしまう傾向にあるようです。

皆さん、ご利用は計画的に。