UKey's Labo

JW-CAD for mac – レイヤー毎に線種、線色をあらかじめ設定する

レイヤーを切り替える毎に、線種、線色を切り替えていては効率が悪いので、あらかじめ設定しておけないのか調べてみました。
環境設定ファイルの作成、編集が必要になります。

環境設定ファイルの出力

まず、現在の環境設定をファイルに出力します。
メニュー > 設定 > 環境設定ファイル > 書き出しで、任意のフォルダに、任意の名前でファイルを出力。
拡張子は.jwfになります。

次に、出力した環境設定ファイルを開きます。
メニュー > 設定 > 環境設定ファイル > 編集・作成
ファイルを選択すると、テキストエディタが開きます。

※環境設定ファイルを編集するエディタは、設定で変更することができます。
メニュー > 設定 > 基本設定を開き、一般(1)タブから選択可能です。

線色

160行目あたりにある、LAYCOL_n(nは追番)を編集していきます。

#          (0)(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(a)(b)(c)(d)(e)(f)
LAYCOL_0 =  6  3  2  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0 

線種

198行目あたりにある、LAYTYP_n(nは追番)を編集していきます。

#          (0)(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(a)(b)(c)(d)(e)(f)
LAYTYP_0 =  5  1  1  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0 

読み込み

環境設定ファイルを変更したら、保存します。
手動で変更した場合は、設定を反映させるために、再度環境設定ファイルを読み込む必要があります。
メニュー > 設定 > 環境設定ファイル > 読み込みで変更した環境設定ファイルを読み込みます。

環境設定ファイルの自動読み込み

作成した環境設定ファイルは、jw_cadを再起動した際には自動で反映されません。
jw_cadを起動するたびに、読み込みを行う必要がありますが、以下を行うことで、jw_cadを起動した際に自動で読み込むことも可能です。

[amazon_link asins=’4767823870′ template=’custom’ store=’takayuki57101-22′ marketplace=’JP’ link_id=’a69428a6-c00f-11e8-8a3d-51e5656d7871′]