UKey's Labo

JW-CAD for mac – 塗りつぶし

動作環境

環境 バージョン
JW-CAD 8.01β
macOS Mojave 10.14

塗りつぶし

今回は、以下の画像のように色塗りをしたいと思います。

元の画像はこちらです。

多角形コマンドを使用します。

メニュー > 作図 > 多角形を選択するか、ツールバーに多角形コマンドがある場合はそれをクリック。

多角形コマンドのメニューが開いたら、任意ボタンをクリックします。

ソリッド図形チェックボックスにチェックを入れます。

線属性の色を使用する

線属性で設定してある色を使用する場合は、以下のボタンをクリックし、色を選択します。

任意で色を選択する

線属性で設定してある色ではなく、自分で任意の色を指定したい場合は、任意色チェックボックスにチェックを入れます。
その後、任意■ボタンをクリックで色を選択できます。

色を塗る

色の準備ができたら、塗りつぶしていきます。
複雑な図形を塗るのでなければ簡単に塗れます。
円・連続線指示ボタンをクリックして、「ソリッド図形にする円・連続線を指示してください。」が表示されていることを確認します。

その状態で、塗りつぶしたい図形のをクリックしてください。
お絵かきソフトのように、塗りつぶしたい箇所をクリックしても塗ってくれません。
僕はクセで何回も同じことやって失敗してますが苦笑

ここで注意するのは、以下3点。

塗りつぶすとこんな感じになります。

複雑な範囲を塗りつぶす

今回の図面でいうと、塗り残しているここの部分。

ここを「ソリッド図形にする円・連続線を指示してください。」の状態で塗りつぶした場合、以下のようになり、上手くいきません。

なので、範囲を指定して塗りつぶします。

円・連続線指示ボタンをクリックして、「始点を指示してください。」の状態にします。

この状態で、塗りつぶしたい範囲の頂点を左クリック or 右クリックでひとつずつ順番に指定していきます。

ちょっとわかりにくいですが、以下の画像で塗りつぶしたい範囲を指定して、選択された範囲が水色のラインで囲まれています。

塗りつぶしたい範囲の頂点を指定していき、始点まで戻ってきたら、Enterを押下で塗りつぶせます。

塗りつぶしを削除する

範囲選択コマンドから行います。 削除したい塗りつぶしの箇所を、範囲選択します。

属性選択ボタンを押下、ダイアログのソリッド図形指定チェックボックスにチェックを入れ、OK

その状態で、消去ボタン or deleteボタンで塗りつぶしが削除できます。

[amazon_link asins=’4767823870′ template=’custom’ store=’takayuki57101-22′ marketplace=’JP’ link_id=’e8c2afa0-d2b0-11e8-bcbc-032eae804a40′]