UKey's Labo

WRC 2022 サルディニア SS3

MONTI DI ALA E BUDDUSO 1

内容

1番目走行のKalle Rovanpera選手。
ジャンクションでオーバーシュートしかけたものの、
8番手に収まる。
やはり1番目走行はロードクリーニング役が大きな負担になっているようです。

2番手走行のThierry Nueville選手。
Kelle Rovanpera選手より0.5秒速かったものの、ステージリザルトとしては7番手。

3番手走行の勝田貴元が大きくタイムを落とす。インタビューでは、「グリップがない。何故かはわからない。」と言ってました。

4番手走行のOtto Tanak選手が好調。 走行後のインタビューで、”チャレンジングなタイヤ選択をした”と言ってました。
SOFTとHARDをクロスで装着。これが功を奏したようです。
一気に順位を上げました。

5番目走行のElfyn Evans選手は、はじめのスプリットタイムはよかったのですが、徐々にタイムを落とす結果に。
走行後のタイムコントロールでエンジンが止まってしまい、インタビュー時をせずに足早にステージを去っていったので、何かしらエンジンにトラブルがあるのかもしれません。
その後の情報で、オイルプレッシャーが下がってると言ってました。

6番目走行のCraig Breen選手がTanak選手を上回るタイム。

7番目走行のGus Greensmith選手がオーバースピードでコーナーに突っ込んでしまい、曲がりきれず一時スタック。大きくタイムを落としてしまいました。

8番目走行のDani Sordo選手。
走行後のインタビューでは、“コーナーで大きくスライドしてしまう”とのこと。
タイムは伸びませんでした。

9番手走行のEsapekka Lappi選手がBreen選手を上回るタイムでトップに。
走行後のインタビューでは、「右フロントから大きな異音がする」と言ってましたが、大丈夫でしょうか。。

10番手のPierre-Louis Loubet選手。前ステージで好タイムを出しましたが、本ステージの最後のセクションでミスをして10秒近くタイムを落としてしまいました。

SS3 リザルト

Pos Driver Diff 1st
1 Esapekka Lappi
2 Craig Breen + 3.4
3 Otto Tanak + 5.3
4 Adrien Fourmaux + 9.4
5 Elfyn Evans + 11.1
6 Dani Sordo + 11.3
7 Thierry Nueville + 12.2
8 Kalle Rovanpera + 12.7
9 勝田貴元 + 21.8
10 Gus Greensmith + 1:48.4

SS3後 リザルト

Pos Driver Diff 1st
1 Esapekka Lappi
2 Otto Tanak + 1.9
3 Elfyn Evans + 3.0
4 Craig Breen + 8.4
5 Pierre-Louis Loubet + 10.0
6 Kalle Rovanpera + 12.5
7 Adrien Fourmaux + 12.6
8 Thierry Nueville + 18.7
9 Dani Sordo + 23.5
10 勝田貴元 + 28.6