UKey's Labo

未経験からITエンジニア(プログラマ)に転職しました@福岡

はじめに

IT業界に転職して、早3年。  
4年目を迎える今年から、お客様先常駐ではありますが、フリーランスとして働いてます。

IT業界へ転職前の勉強期間から数えると、そこそこ月日が経っていますが(6年くらい)、
フリーランスになって、やっと収入がアップしてきた感じです。

自分の今までの経歴と、今後の目標はこんな感じです。

このブログも、常駐型フリーランスからノマドワーカーへ移行するための準備用です笑

まだ常駐型フリーランスになってからは日が浅いですが、会社員からフリーランスに移行して、つくづく自由を感じています笑。
『組織』というものに、適用できない人みたいです笑

元々は収入アップと安定化を求めてIT業界へ転職しましたが、中途入社でいきなり収入アップというのは、やはり厳しかったです。 自分の年齢とスキルでは、慢性的に人手を欲している中小企業しか転職先がなかったというのもあります。

IT業界に転職する前は、「転職さえ成功すれば、残りの人生勝ちだろ」とか、短絡的に思ってましたけど笑

自分の数少ない経験談が主になってしまいますが、未経験だけどIT業界に転職したいと考えておられる方へ、 少しでも情報を提供できればと思い、こつこつブログを書いていこうと思います。

以下のような方の励みになれば、幸いです。

私の場合は、30歳過ぎてからのIT業界への転職だったので、大丈夫かなと心配しておりましたが、何とか今までやってこれてます。

そもそも、この業界に入ろうと思ったのは。。。と話出すと長くなりますが、興味のある方はご一読ください。

IT業界への転職を決意したきっかけ

前職は、工場勤務でした。
製造している製品は、精密機械の原材料。

同じようなものを毎日製造する日々。。。
うんざりしそうな感じですが、当時はそうでもなかったです。

毎日同じ作業をしているということで、慣れてくると、そのうちうわの空でも作業できるようになります。

当時はバンド活動をやっていまして、バンドが自分の全てだったので、仕事はどうでもよかったのです。

しかしながら、結婚して子供もいたため、ある程度は収入が必要ということで。
夜勤もあってしんどいけど、そこそこ収入が見込めるということで工場勤務をやってました。

うわの空で作業できると、考え事なんかもできて。
曲作りなんかもやってたので、フレーズ考えたり、アレンジを色々考えたりなんか、やってました。
仕事は特に好きではなかったですが、別に嫌いでもなかったです。物思いに更けれるので。笑

そのうち、転換期が訪れました。
何か特別なことがあったわけではないのですが。

年齢的な問題ですね。

ハタチのころからずっとバンド活動をやってきたわけですが。
20代後半になってもウダツはあがらず。何だか、限界を感じてしまいました。

今思えば、確実に営業活動が足りてませんでした。
若干 夢見てる部分があって。
「いい音楽をやっていれば、必ずファンはできる」なんて、本気で思ってましたよ。ええ。

実際、そんなわけないんですけど。
自分から何も発信せずに、ライブだけやってたって、
ファンなんかつくわけないし、知名度も上がるわけないんです。
ほんと、世間知らずでした。

何はともあれ。

30歳が近づいてきて、思ったわけなんです。
「そろそろまともに働こうかな。」と。

当時の工場勤務での雇用形態は「準社員」でした。
派遣社員 > 直のバイト > 準社員 まで来てまして、次は「正社員」になれる予定だったのですが。

なかなか難しいもので、準社員 > 正社員 の道のりは長かったです。
準社員になってから、確実に2年は経過してました。

準社員の待遇はそんなに悪くなくて。

こんな感じでした。

実は20XX年のリーマンショックの際に、一度放逐される目にあっていて。
準社員という雇用状況が信用できなかったんです。私、というより嫁が。

嫁からの「正社員で働いてほしい」という強い要望により、転職を考えました。

そこで思い至ったのが、IT業界でした。

プログラミングとの出会い

ITの事自体、当時は全然詳しくなかったです。
家にノートパソコンありましたが、メインで使ってるのは嫁だったので。

ただ、バンド活動をやっていく中で、「バンドのホームページ作りたい」ってことで、すこしだけhtmlを触ったことがありました。
当時はガラケーが全盛の時期だったので、ホームページはガラケー用だったと記憶しています。

結構、やりだしたらのめり込むタイプなので、本屋に行って、「自分で作る!ホームページ」的な本、買いました。
今思えば技術書としては普通の3,000円いかないくらいの値段で購入したと思うのですが、
文庫の小説くらいしか本は読まなかった当時は、かなり高額で驚いた記憶があります笑

その本の中に、突然脈絡もなく記載されていたわけです。PHPが!
そんな知識などカケラもない自分からしたら、何じゃこれ?なわけでして。意味がわからない。
htmlとcssはなんとなく理解はできたけど、プログラム?たしか、「キャリアを識別して、各キャリアに適切な絵文字を返す」みたいなやつでした。
docomoとsoftbankとauで絵文字が違ってましたから。。。懐かしい。。。

そんなわけで、ちょっと興味を持ちました。

友人に一人、IT業界で働いてたことのある人がいたので、ちょっと聞いてみました。「これ何?」って。

そこではじめて知りました。これがプログラミングなのかと笑

その友人が何冊かプログラミングの技術書を持っていたので、その場で借りました。

そこで借りたのが、Javaの入門書だったのです。

家にノートパソコンもあるし、一丁やってみるか、ということで。勉強してみることにしました。